酪農学園“スラップ訴訟”判決への激励メッセージ

2016年03月24日 11:51

日本私大教連の野中委員長より、先日の酪農学園大における控訴審逆転勝訴判決へのメッセージが寄せられましたので紹介します。


逆転全面勝訴、おめでとうございます!


大学・短大教授会選出評議員6名に対して、学校法人酪農学園の元常務理事が名誉棄損による損害賠償請求を提訴した事件において、札幌高裁で逆転全面勝訴を勝ち取られたことに心からお祝い申し上げますとともに、当事者ならびに弁護団のみなさんのご奮闘にあらためて敬意を表します。

本件は、酪農学園理事長・理事会が専断的な上意下達体制の確立を強行する中、これに反対し民主的な学園運営を守ろうと立ち上がった教職員・学生に対する重大な攻撃の一角をなすものと認識しています。

今回の完全勝訴は、酪農学園の現状を正すうえで大変重要なものであると同時に、理事会の専横とたたかっている多くの教職員組合を励ます貴重な成果です。

この勝利に続いて、干場学長に対する不当解任事件でも、何としても勝利をつかみたいと思います。

私たち日本私大教連は、北海道私大教連と力を合わせ、できる限りの支援をしたいと考えております。


 ともに頑張りましょう!


 2016年3月20日


日本私大教連中央執行委員長

野中 郁江