【更新】3月1日「スラップ訴訟を考える」学習会のお知らせ

2017年02月09日 13:50

 3月1日(水)酪農学園職員組合の主催で「誰にでも起こりうるスラップ訴訟問題を考える」学習・講演会が開かれます。(道私大教連も後援しています。)

 講師は、野中郁江さん(明治大学商学部教授/前・日本私大教連委員長)。

 野中氏は、2011年に雑誌発表した論文や翌年に会計学者として執筆した鑑定意見書が「名誉棄損」に当たる、などとして投資ファンド会社に「スラップ訴訟」を仕掛けられました。2015年に最高裁で勝訴が確定。

 酪農大でも法人の元常務らの首謀によって、評議員(当時)の教員6名に対する恫喝訴訟が起こされ、2016年に教員側勝訴の判決が最高裁で確定しています。

 今回の学習会は、野中氏や酪農大での経験・報告を踏まえて、スラップ訴訟と大学・学術研究の自由をめぐる問題を皆さんとともに考え、交流する学習会です。ぜひご参加ください。


【3月1日(水)17:15~・開催案内はこちらをご覧ください。】