私大助成拡充・学費軽減を求める運動

「北海道私大助成推進協議会」の活動について


(2017年5月22日更新↓)


道私大助成推進協議会総会を開催します。

◆2017年5月26日(金)17:30~・事務局内にて◆

このほど新しい情宣ちらし・署名用紙等も完成し、2017年の推進協の活動スタートです。

奨学金問題など、改めて社会の注目を集める情勢下…今年も全道・全国で頑張りましょう。




(2017年2月1日更新↓)


2016年度の私大助成署名運動は11月11日に行われた中央要請行動をもって最終集約となりました。

(お手元に未提出の1筆でも署名簿がありましたらお早く事務局へお送り願います。)

※2017年1月30日(月)10:30~14:30、国会内で北海道推進協として道内出身の議員事務所の皆様を訪ね、要請行動を行いました。

結果、超党派8名の国会議員の皆様の紹介、ご協力を取り付けて請願することが出来ました。ありがとうございます。

(詳細は追って報告します。)


北海道私大助成推進協news(2016年11月)

2016年度北海道版・私立大学新入生の家計負担調査結果(2017年1月発表) ←New!!


※署名用紙等、このページよりPDFでダウンロードできます。



2016年度の「私大助成署名」運動が始まりました。

奨学金制度の拡充、私大助成策の強化で学費の大幅軽減を求める協力・協同の運動です。

北海道では、各大学(関係者)が参加する「北海道私大助成推進協議会」を母体に、秋までの請願署名運動に全国で取り組みます。

(第一次集約9月10日、最終10月10日までを目途にしています。)


 情宣ちらし    請願署名用紙(表面)   請願署名用紙(裏面:署名欄)


【2016請願事項】

1.学生の学費負担を軽減するため、以下の施策を速やかに実施してください。

① 大学生への給付奨学金を新設してください。

② 高校生に実施されている「就学支援金制度」を大学生に拡大してください。

③ 無利子奨学金を希望者全員が受給できるようにしてください。

④ 奨学金の返済について、低所得者層に配慮してください。

2.大学の学費無償化に向けた計画を速やかに立案し、実施してください。

3.私立大学の経常的経費の2分の1を補助するよう、国庫補助を増額してください。


…6月上旬に署名用紙・新入生世帯に対する家計負担アンケート用紙・ちらし等が全て完成して各大学の推進協宛に発送しております。

運動期間の最終は10月10日まで…北海道内では今年も15,000筆集約を目標にして展開します。


学費の負担軽減、奨学金制度の抜本拡充、私大助成強化のための地道な活動です。

署名・家計負担アンケート(および、この運動を支えるカンパ)への、多くの皆さまのご理解とご協力を、今年もどうぞよろしくお願いします。


◆国会請願は自筆が原則です。このページからダウンロードした用紙に自筆署名を書き込んで使う事が出来ます。

◆署名活動にご協力いただける場合、メール等でお知らせください。(私大助成推進協担当から署名用紙等一式を郵送することも可能です。)】