労働組合とは

○  労働条件は労働者と使用者とで決めるものです。使用者が一方的に決めるものではありません。これを、労働条件の決定における「労使対等」原則と言います。

○  しかしながら現実には、働くひと一人一人の力は弱く、労働条件は使用者が一方的に決めている職場が多いのではないでしょうか。とりわけ非正規雇用の立場では、雇用期間が定められている(有期雇用)こともあって、疑問や不満を感じていても、声をあげること自体が困難です。

○  そこで、労働組合の出番です。働く人たちが一つになる(団結する)ことで、労使対等が実現し、様々な事柄について交渉(団体交渉)することが可能になるのです。

○  労働組合がなければ、労使対等、職場の民主主義は実現しない。そう言っても過言ではないでしょう。


道私大教連リーフレットをあわせてご覧ください。